建築家との家づくり:第三章 建築家の仕事1 ~ 業務詳細

建築設計事務所のアトリエ24 一級建築士事務所

サイトマップ

日本には二十四の季節があります

よくある質問

第三章 建築家の仕事1 ~ 業務詳細

建築家と家を建てる場合、住宅メーカーや工務店のそれとは少し異なるプロセスが生じます。

しっかり理解いただきながら、大切な家づくりを建築家とともに楽しんでいただければと思います。

1.基本設計

建築主との間で契約を結ぶと、まず基本設計を開始します。

基本設計は、土地の形状や周りの環境を観察し、建築主の家族構成やくらし方、家への夢や要望、予算などをしっかりとヒアリングし、世界でただ1つだけの、建築主の家のコンセプト作りをします。

次にコンセプトに基づいて、空間イメージや間取りなどを設計し、模型や図面を使って具体的な提案を行います。

まずはこの提案に基づいて、建築主と建築家はいろんな話をし、検討し、修正を加えながら、建築主に最もふさわしい家を模索し、仕上げていきます。

建築主にとって、建築家と家を建てる上で、一番胸躍るのがこの頃かもしれません。

プランをもとに、積極的に家づくりに関わっていただきたいと思います。

2.実施設計

建築主とともに時間をかけて作り上げたプラン(基本設計)を基本に施工業者が、見積りを行い、工事を開始できるレベルの詳細な図面を製作します。
構造設計を行い、高い耐震強度を確保し、設備設計では断熱や気密、換気、冷暖房設備、照明、給湯給排水なども計画します。

建築主の夢の家を、数十ページにわたる詳細な図面に反映させる作業です。

3.確認申請

建築予定の土地を管轄する役所や確認検査機関に、設計した家が法律に適合しているか否か審査の申請を行います。

適合していれば、建築許可が発行されます。

4.見積り依頼と施工業者選定

できあがった実施設計の図面をもとに、複数の施工業者に見積りを依頼します。

施工業者と施工契約を結ぶのは建築主自身ですが、建築主の家を建てるにあたり、最も適切な施工業者を選定するお手伝いも建築家の重要な仕事です。

建築家はまず、複数の施工業者から提示された見積書を詳細に検討します。

見積書は、その施工業者が、図面をきちんと理解しているか、技術レベルはどうか、建築家が設計する家を建てた経験があるか、など、選定の基となる多くの情報が含まれており、建築主に代わって、どの施工業者が適切か助言を行います。

できれば一番安い施工業者に依頼したいところですが、安さだけで判断するのは危険です。

建築家は、建築主には判別しにくいいろんな要素を総合的に判断した上で、ふさわしい施工業者を選定します。

また、工務店の経営状況も選定基準として配慮します。

工事期間中、あるいは完成後にその工務店が健全な営業ができなければ建築主とっては多大な損害を被ることにもなりかねません。

5.予算調整

建築家は、これまでの経験に基づいて、建築主から提示された予算を念頭に設計を進めますが、施工業者から見積書が提出されるまでは、本当にいくらかかるのか、わかりません。

これまでの経験から、選定した施工業者が提示する見積り金額は、建築主が希望する予算の1,2割増し程度になることが多いようです。

建築家は、これらを建築主に提示し、一緒に検討しながら、本当に必要なものとそうでもないものとの選別、低価格なものへの変更、仕様の変更などを行い、超過した分を予算内に収める作業を繰り返します。

6.監理

建築主にとっては、建築家の仕事と言えば、設計に意識がいきがちです。

自分たち家族の理想を家が、設計プロセスを通して模型や図面として視覚的に確認できるので、ワクワクするのも無理はありません。

ですが、監理業務も大切な仕事であり、建築家と家を建てる大きなメリットでも
あります。

監理とは、建築主との間で了承されたプラン通りに工事が行われているか、
確認する作業です。

実施設計で作成した図面通りに作られているかをチェックしたり、図面で伝える ことのできない詳細な仕上げなどを施工業者に指示したりします。

建築主に代わって、専門家の目で、施工業者の工事の仕上がり具合や進捗を
客観的にチェックし、図面通りになっていない場合には工事のやり直しを指示
することもあります。

「第2章 建築家との家作り ~ 住宅メーカーや工務店との違い」でも書いたように、監理は、住宅メーカーや工務店と家を建てる場合には得られない大きなメリットと言えます。

第四章 建築家との家づくり 建築家の仕事~工程を読む