建築家との家づくり:第四章 建築家の仕事2 ~ 業務フロー(工程)

建築設計事務所のアトリエ24 一級建築士事務所

サイトマップ

日本には二十四の季節があります

よくある質問

第4章 建築家の仕事詳細2 ~ 業務フロー(工程)

建築家と家を建てる場合の工程をご紹介します。

前章をもう少し詳細な工程に分けてご説明します。

なお、増改築やリフォームでも概ね同じ様な工程を経ます。

工程 期間 有償/無償 写真
1.出会い   無償 写真:出会い

ホームページや、内覧会見学、ご紹介等によってご相談される方が多いです。

電話やメールなどでご連絡ください。

新築に限らずリフォームや増築、あるいは土地取得や住宅ローンの相談なども受けますので、お気軽にご相談ください。

2.相談   無償 写真:ヒアリング

住まいの想い、要望、条件、家族構成、ライフスタイル、趣味などを談話を交えてお聴き、ヒアリングシートにまとめます。

3.ヒアリング   無償  

敷地を調査し、法的な条件、上水道や電気、ガス等インフラや周辺環境などをチェックします。

4.はじめの提案 約1ヶ月 住宅の場合
 \50,000
店舗・施設等の場合
 \100,000
※ただし、設計契約
に至った場合は、設
計報酬に含めます。
写真:はじめの提案

ヒアリングからコンセプトをつくり、平面、立面、断面図などとスケッチパースやスタディ模型などで説明します。

5.重要事項の説明   無償  

建築士法に従い契約前に業務の内容を説明します。

この時に設計業務の見積書を提示します。

6.設計監理業務契約  

有償
(設計報酬着手金)

写真:設計監理業務契約

(社)日本建築家協会の契約書を使い契約を結びます。

何かの事情で計画を中止する場合、途中解約も可能です。

7.各種調査  

別途

 

地盤の調査を行い、敷地測量図が無い場合は測量も依頼していただきます。

基本的には別途業務になります。

8.基本設計 約2ヶ月

契約内

写真:基本設計

設計のスタートです。再度ヒアリングシートを確認し提案したコンセプト、計画を見直します。

何回かの打合せを経て、基本設計をまとめていきます。

概算の費用も検討します。

基本設計を承認いただくまで、次の実施設計に進みません。

9.実施設計 約2ヶ月

契約内

写真:実施設計

基本設計にしたがい、工事見積と実際の工事のための、また確認申請用の図面を作成します。

材料の仕様や仕上げを決めます。構造設計を行い、電気、設備などの機器選定、仕様なども決めます。

10.確認申請  

契約内
(設計報酬中間金)

 

実施設計に基づいて確認申請をします。

申請者は建築主になりその申請業務の代行を行います。ですから申請手数料は建築主が別途支払います。

11.見積り依頼
   施工業者選定

約2週間

契約内

写真:見積り依頼施工業者選定

特別なことが無い限り、工務店3社に実施設計図を施工業者選定 渡して、同条件で見積りを依頼します。

提示された見積書の内容をチェックし、どの工務店に発注すべきか、判断の支援を行います。

見積金額が工事予算を越えた場合は、工務店とネゴを行い、仕上げや仕様を見直して金額調整します。

12.予算調整  

契約内

写真:予算調整

ご予算と見積りの差額を埋め合わせるために仕様や仕様部材、機能などの見直しと再検討を行います。

13.工事契約の立ち会い  

契約内

 

旧四会連合協定書式を使い、実施図面や工事内訳書(見積書)を一緒に綴じた契約書を作成します。

契約には一緒に立ち会います。

※建築主と工務店が工事請負契約を結びます。

14.工事監理

工事開始から引き渡しまで

契約内

写真:工事監理

実施設計通りに工事が行われているか、確認する作業です。

仕上がりをチェックしたり、図面で伝えることのできない詳細な仕上げなどを施工業者に指示したりします。

この間、主に以下のような工事が行われ、私たちがその監理を行います。

建物位置、根切り工事、配筋、型枠工事、コンクリート打設、建て方、軸組工事、屋根工事、外壁工事、外壁や屋根材など色決め、内部下地工事、内部造作工事、建具工事、設備、電気工事、完了検査、工事費の増減調整

15.竣工引渡し  

契約内
(設計報酬残金)

写真:竣工引渡し

祝竣工!工務店からの引渡に立ち会います。

監理業務の完了を報告し、業務が完了します。

16.アフターフォロー   無償 写真:アフターフォロー

1年後に工務店立会にて瑕疵検査を実施します。

この他、何か問題があれば連絡をいただき、その対処にあたります。

建築主の顧問建築家として、家が永きに渡り心地よく過ごせるようにお付き合いをさせていただきます。

第五章 建築家の家は価格が高い?を読む