建築家との家づくり:第五章 建建築家の家は価格が高い?

建築設計事務所のアトリエ24 一級建築士事務所

サイトマップ

日本には二十四の季節があります

よくある質問

第五章 建築家の家は価格が高い?

建築家が設計・監理する家は一般的に価格が高いと思われがちです。

どの家も、広さや構造、仕様が異なるので、横並びに比較するのは困難ですが、世間一般で認識されているほど、建築家が設計・監理する家の価格は高いものではありません。

工事費はどのくらいかかるのか?

いくらなければ建てられないのか?

ということではなく、予算に収まるように設計するのが建築家の仕事です。

ですから、住宅メーカーの家のように、予め決まった坪単価や基本的な価格はなく、建築主の希望やライフスタイルにに合わせてさまざまな選択肢があることをご理解いただければと考えています。

ここでは、私たちがこれまで扱ってきた事例をもとに、金額の目安をご紹介します。

もちろん、建築主のリクエストにより、お金のかけどころがそれぞれ異なりますので、あくまでも、私たちが建ててきた家の平均的金額として参考にしてみてください。

建物の構造によって異なる基礎的な費用

住宅メーカーの場合、予め決められた規格を前提としていますので構造や工法、使用する建材は、メーカーごとにおおよそ同じです。

これに対し、建築家が設計する家には、以下のようにさまざまな構造があり、建築主のリクエストや予算により、最適な構造が選択されます。

以下では、各構造ごとに、おおよその費用を示します。

木造
最も一般的な家の構造で、コスト的にも有利です。 アトリエ24でも一番事例が多いのがこの構造です。
坪単価:65万円~80万円(税別)
鉄骨造
間取りの自由度が他の構造と比較して高いのが特徴です。 木造よりもコストが高くなります。
坪単価:85万円~100万円(税別)
鉄筋
コンクリート造
間取りがある程度自由で、遮音性が高く、牽牛なのが特徴です。最もコストが高くなります。
坪単価:90万円~110万円(税別)
混構造
1階にガレージなど大きな空間をとりたい時などに、1階を鉄骨造又は鉄筋コンクリート造で、2、3階を木造にするといったケースが多いようです。
坪単価:70万円~90万円(税別)

上記工事費用に加え、建築家にお支払いいただく設計費用・監理費用(工事費用の10%~15%が目安)および消費税を加えて、建築予算となります。

アトリエ24でもこの工事費利率の範囲内ですが、工事費は工事発注するまで確定しなどの諸条件を勘案して床面積によって算出します。
一般的な木造住宅では、延床面積あたり2.5万円/㎡(8.2万円/坪)です。

アトリエ24では設計・工事監理の委託報酬費を次のように設定しています。

◇専用住宅の新築・増築・改築(構造設計、構造計算含む)

  • 木造:25,000円/床面積㎡
  • 鉄骨造、RC造、混構造、木造3階建てなど:30,000円~/床面積㎡

◇住宅のリフォ-ム(マンションの住戸も含む)18,000円~/床面積㎡

◇耐震改修、インテリア・エクステリアのコーディネート、バリアフリー改造

ケースバイケースですので別途ご相談ください。

◇上記住宅以外の建築用途の委託業務に対する報酬

「建築士事務所の新業務報酬基準(平成21年国土交通省告示第15号)」に基づき報酬額を算出し、最終的に建築主と打合わせにより決定します。

※消費税別途です。

確認申請および検査申請手数料、フラット35申請業務および手数料などは別途費用とさせていただきます。

計算してみよう

では、実際にどのくらいの金額になるか、一定の条件にあてはめて計算してみます。

床面積 :30坪
構造 :木造
坪単価 :65万円
設計:監理費 :7.9万円/坪(25,000円×100㎡)

ならば、

工事費用 :19,500,000円
設計・監理費用 :2,500,000円
消費税 :1,760,000円
総予算 :23,760,000円

となります(外構工事費等は別途)。

確認申請手数料や別途調査費、カーテン、ブラインド、その他諸費用は含まれません。

どうですか?ハウスメーカーさんや工務店さんと比べてみてください。

価格表示のからくり

実は、住宅メーカーや工務店が建てる家と、建築家が建てる家とでは、同じ価格でも、その内容に大きな隔たりがあります。

住宅メーカーや工務店が提示する坪単価や工事総費用は本体価格の場合が多いようです。

本体価格とは、基礎、土台、柱、梁、屋根、内装、建具、電気配線、屋内の各種設備工事などの合計ですが、これだけでは家ができても生活できません。

住めるようにするには、附帯工事が必要になります。 附帯工事とは、屋外給排水工事、上下水引込み工事、ガス工事、 標準的な外構工事などを言います。
住宅メーカーや工務店では、電気の引き込みや室内照明器具・エアコン・暖房器具 諸経費なども、本体価格に含まれないケースが多いようです。

これに対し、建築家と建てる家の場合、これら附帯工事や室内照明器具などを含む総額です。
よって、単純に、坪単価や工事価格だけで比較すると、いっけん、安く見える坪単価であっても、どこまでが含まれるのか、事前に確認しておかないと予算計画が大幅に変わってくる可能性があります。

第四章 建築家との家づくり 建築家の仕事~工程を読む