実績(事例):香澄の家

建築設計事務所のアトリエ24 一級建築士事務所

サイトマップ

あなたと家族のためだけに用意された空間

よくある質問

香澄の家:実績(事例)

    リビングと一体のライトコート オープンエアを満喫できる家

クリックでスライドを見ることができます。

実績(事例)トップへ戻る 次の実績(事例)を見る この家の建築主の声を読む

この家は住宅雑誌から取材されました

データ

場  所 千葉県習志野市
用  途 一戸建て専用住宅
規  模 木造 地上2階建
敷  地 230.00㎡(69.7坪)
面  積 延床面積138.25㎡(41.8坪)
竣  工 2010年10月
施 工 者 株式会社 佐久間工務店
特  記 長期優良住宅、次世代省エネ基準、床下暖房
家族構成 夫婦、子供2人

コンセプト

建築主と家族の要望、重視したいポイント

  • 総2階建てで、40~45坪、5LDKくらいの家が欲しい
  • 南面の広さを生かした明るく開放的で、木の温もりが感られる家が欲しい
  • リビング、ダイニング、和室は繋がりを持ち、中庭のような半屋外空間を中心に空間を構成して欲しい
  • キッチンは広めで家事動線を考慮して欲しい
  • 子供部屋は将来3分割できるよう配慮して欲しい
  • 木造在来工法による次世代省エネ基準に対応して欲しい
    (冷暖房はルームエアコン2,3台で賄いたい)

アトリエ24からの提案

  • 南側に広々とした陽溜まりのライトコートを配置し、リビングダイニングと 一体的な空間として利用できるよう提案
    春から秋にかけてオープンエアを満喫できます
    この配置計画は恵まれた敷地条件がもたらす恩恵であり、冬の太陽高度が低い時期は室内奥まで陽差しが入り、暖かく明るい住まいを実現しています
  • バルコニーは幅10m×奥行き2.2mの広さを持ち、テラス同様にオープンエアを満喫でき、家のどこにいても四季を感じさせる空間を生み出しています
  • 北側の窓からは、毎日、朝日が差し込み、一日の始まりを気持ちよく迎えられます
    また南側と北側で陰影の差が空間に奥行きを与えます
    特に1階の和室では障子を入れることでよりその効果が感じられ、落ち着いた日本間を提供します

建築家から

敷地は、14m×16mの長方形で、南側に幅員6m、北側に16mと、両面が道路に接するという希なロケーションです。

この敷地環境を生かすべく南側、北側の両面を正面として捉え、デザインを計画しました。

南側は全面的に開放されたデザイン、北側はその1/2の開口を持たせたデザインを計画し、シンプルでモダンな外観を提案しました。

採光、通風、視線は、敷地環境を活かして南北の通り抜けるよう設計しています。

実績(事例)トップへ戻る 次の実績(事例)を見る この家の建築主の声を読む

この家は住宅雑誌から取材されました