実績(事例):河原塚の家#1

建築設計事務所のアトリエ24 一級建築士事務所

サイトマップ

あなたと家族のためだけに用意された空間

よくある質問

実績(事例):河原塚の家#1

ルーフテラスでつながる親・子世帯。家族の温かさ、安心感を感じられる家

クリックでスライドを見ることができます。

実績(事例)トップへ戻る 次の実績(事例)を見る  

   

この家は住宅雑誌から取材されました

データ

場  所 千葉県松戸市
用  途 二世帯住宅
規  模 鉄骨造 親世帯:地上2階+子世帯:地上3階建
敷  地 334.78㎡(101.4坪)
面  積 延床面積 親世帯:114.4㎡(34.6坪)+子世帯:139.3㎡(42.1坪)
竣  工 2005年7月
特  記 二世帯住宅
家族構成 親世帯(夫婦)、子世帯(夫婦、子供3人)

コンセプト

建築主と家族の要望、重視したいポイント

  • 親世帯と子世帯が適度な距離を保ちながらも両世帯を意識できるような住まいにして欲しい
  • 明るく健康的な家にして欲しい
  • 開放的なリビングダイニングが欲しい

アトリエ24からの提案

  • 親世帯と子供世帯の住まいを同じ敷地に各々建て、それを2階のルーフテラスで繋いで一棟として計画。両世帯共有の庭も確保しました。
  • 一期工事として親世帯の住宅を新築し、二期工事で既存家屋を解体後にそのスペースに子供世帯の住宅を増築する計画の提案。
    そうすることで、仮住まいの費用が不要になり、建築主のストレスを軽減することができます。
  • 将来の家族構成などの変化に対応し、間仕切りが如何様にでも変更できるような構造計画の提案。
  • 幹線道路の騒音や振動対策を配慮し、ダイニングや主寝室などを道路から離したプランニングの提案。

建築家から

・居間などのパブリックな部屋を親・子供世帯のそれぞれの建物の2階に配し、バルコニーによって行き来できるよう計画し、2つの家族がある程度の距離を保ちながらお互いを気遣えるよう配慮しました。
子供たちはルーフテラスを自由に行ったり来たりでき、両親が不在の時にはおじいちゃんおばあちゃんが居てくれるので安心です。また、広いルーフテラスは子供たちの遊び場になり、交通事故などの心配がありません。

・増改築しながらも何年も住み続けることが出来るようにと願いを込めてつくりました。

実績(事例)トップへ戻る 次の実績(事例)を見る

この家は住宅雑誌から取材されました