実績(事例):真間の家

建築設計事務所のアトリエ24 一級建築士事務所

サイトマップ

あなたと家族のためだけに用意された空間

よくある質問

真間の家:実績(事例)

陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい

クリックでスライドを見ることができます。

実績(事例)トップへ戻る 次の実績(事例)を見る

データ

場  所 千葉県市川市
用  途 一戸建て専用住宅
規  模 木造 地上3階建
敷  地 106.16㎡(32.2坪)
面  積 延床面積121.85㎡(36.9坪)
竣  工 2015年1月
施 工 者 株式会社 佐久間工務店
特  記 省エネ対策等級4、耐震等級3
家族構成 夫婦、子供2人
写  真 PHOTO-WORKS 松田

コンセプト

建築主と家族の要望、重視したいポイント

  • 家族みんなでリビングダイニングで過ごしたい。
  • 10年後子供たちが巣立った時を想定して夫婦二人で生活する広さ、プランの工夫のある家にして欲しい。
  • アウトドアリビングの気持ちの良いスペースを提案して欲しい。
  • プライバシーを確保しながら天井が高く、明るく開放感あるリビングダイニングにしたい。
  • 露天感覚の明るく開放的で、涼みに外部に出られるような浴室にして欲しい。
  • 友人が来たときに隠れてお酒を飲んだりできる秘密基地のような、コンパクトで機能的な趣味室が欲しい。

アトリエ24からの提案

  • プライバシーを配慮し、外壁には極力開口部を設けずにシンプルな立面構成
  • 周辺環境、ライフスタイルを考慮し、家族の集まる空間を2階に提案
  • ルーフテラスはリビングダイニングと一体的な利用ができ、近隣の環境から独立したプライベートな半屋外空間の提案
  • 3階の床は2階LDKにおいても屋根勾配を活かすように設けることで、明るく開放的なLDKとなるような空間の提案

建築家から

敷地の南北側には2階建ての住宅が隣接しています。 東側には隣家の庭として空いたスペースがあり有効利用を考えられますが、3階程度の建築物が建つ可能性も検討すべきだと考えました。 道路を挟んだ西側は新しい3階建て住宅と郵便局がありなかなか窓を開けられる環境ではありませんでした。

敷地の特性、施主の要望を検討、調整すると、2階レベルに家の中心になるリビングダイニングとルーフテラスを一体的に構成するプランを提案しました。
ルーフテラスに面するように主な開口部を設け、たっぷり自然光を取り込む階上のコートハウスを計画しました。

要望される家族スペースは眺望の良い3階に配置しました。建蔽率、高度斜線を有効利用したプランニングであり、この敷地から生まれる施主家族のための唯一つの家です。